競艇で勝つためには|万舟券ゲッターズ

競艇で勝ち続けるための勝ち方

競艇での勝ち方にはいくつかの戦略がある。

競艇で勝ち続けるというのは実は可能なんだ。

勝てる勝ち方を続けていくことが前提になるため、万舟券を獲得する可能性は少なくなるんだけど、安定して勝ち続けていくことが出来て、収支のバランスを見ながら競艇の攻略を行っていくことが可能だよ。

また、競艇の勝ち方の特徴は、小さな利益を積み重ねていくという点にあり、その分、ギャンブル性が低くなるというのが大きい。

ただし、少ない利益のため、ギャンブルで勝った時の愉しさは小さく、コツコツと勝ち続けるという強い意志が必要になってくるんだ。

競艇で失敗するとしたら、大きな利益を求めて、無謀な買い方をしてしまったときに起こるということを念頭に置いててね。

舟券での勝ち方の特徴

舟券での勝ち方の特徴

競艇で勝つためには、競艇のレース、選手、マシンに関する基礎を知っておかないといけない。

これを知っているだけで、勝ち方、買い方がかなり分かるようになるはず。

競艇は公平なルールの元、各選手がレースでの勝敗を競うが、F1レースのように、専用のチームがマシンのバックアップを行っている、っていうわけじゃない。

レースに直接関係する整備や部品交換の殆どを選手自らが行う、総合的な能力が必要とされるレースなんだ。

つまり、マシンやプロペラ、モーターなどの整備能力も競艇選手には必要とされるんだよ。

競艇の整備は競艇法という、法律で縛られた厳しいルールの中で選手自身が行っていく。

モーターの部品交換も可能な部位が細かく決められており、競艇では9種類の部品交換を行うことが出来るんだ。

転覆や破損時のみ交換する部品などもあり、交換された部品などはレースで必ず公開されるんだよ。

交換は許可制になっているため、多少調子が悪くても交換できない場合も。

だから、選手の操舵技術よりも、マシンのモーターがレースに大きな影響を与えるとされているんだ。

また、モーターの出力を推進力に変えるプロペラは、交換のほか、木槌などで調整する、取り付ける角度を変えるなどの微調整を行って、モーター性能に合わせた整備をするよ。

以前は持ち込みOKの部品だったけれども、ルールが変わり、これも貸してもらう形になっているんだ。

プロペラはモーターの強さに次いでレースを左右するすごく重要な部品だから、この整備についても高い技術が必要とされるよ。

マシンの整備は、経験が最も大切になってくるというのが大きな通説だから、新人ボートレーサーよりも、熟練のボートレーサーが強いとされる。

この経験というのはレースの予想において広い部分で影響してくる項目だから、舟券で勝つ予想をするために一番注目しておこう。

マシンの整備の次はスタートとコース取り。

競艇は競馬とは違って、並んで一斉スタートというわけではないんだ。

競艇の大きな特徴がスタートの仕組みなんだけど、スタートラインを時計に合わせて通過できるように選手が調整するというのが競艇を独特なスポーツにしている要因のひとつなんだ。

大まかに言うと、時計の針が0になるときにスタートラインを越す形でボートのあるピットから出ていく。

なので、選手のスタートの上手さ次第で、スタートラインの時点で差がつくんだ。

スタートの上手さ、これが予想に重要なポイントの1つ。

もう一つは、コース取り。

各選手が、スタート位置に向かって、一番走りやすいコースを取りに行く駆け引きが行われるんだ。

競艇では走るコースは決められていないので、各選手が有利と思うコースを取る形になる。

接触して転覆したりしたら失格となる上にペナルティも課せられるので、厳しいルールの下、コース取りを慎重に行うんだ。

そして競艇において絶対の強みとなるのがインコースを取ること。

インコースを取った選手が圧倒的に有利になるというのが競艇では常識となっているんだね。

ルール改正で、スタートのときのコース取りに制約がついたため、最近はピットの待機順(番号の若い順)がそのままコース取りに反映されることが多く、インコースに最も近い1番の選手が有利になって、そのまま勝てるという現象が多いんだ。

インコース有利が有名なとある競艇場でのピット時のインコース選手の単勝率は実に92%という話もあるほど。

競艇は当たりやすいという理由がここにあるんだけど、この特徴を舟券に反映する、というのが競艇の勝ち方の特徴、つまり舟券での勝ち方の特徴になるって言うわけ。

買い方を考えないと勝ち続けても赤字

とあるブログで、インコースが強い競艇場で、1番の選手に単勝複勝で全レース投資するという買い方をやってた。

その的中率はなんと90%以上に!

でも、回収率は80%台にとどまってしまった。

これが競馬だったら、確実に回収率は100%以上になっていたことだと思うけど、そこは競艇。

競艇の大きな落とし穴になっているんだ。

競艇では的中率が高い代わりに配当額が低い。

単勝程度では誰もが簡単に当てることが出来るために、全く儲けにならないんだね。

つまり、的中率を活かすための買い方が重要になってくるわけなんだ。